雑記+備忘録

OS中心の技術情報と趣味について(最近は主に将棋)。備忘録なのでここに書かれたことを試すのは自己責任でお願いします。

Windows Server バックアップにおけるベアメタル回復目的のバックアップ

まとめメモ。

◇ バックアップ

Windows Server バックアップの機能を追加する。

コマンドプロンプトを「管理者として実行」する。

- OSのベアメタル回復用バックアップ(共有フォルダに取得)

wbadmin start backup -backupTarget:<共有フォルダパス> -allCritical -quiet > <ログファイルフルパス>

 バックアップイメージフォルダ名:WindowsImageBackup

- ADのデータバックアップ(SystemStateバックアップ、共有フォルダに取得)

wbadmin start backup -backupTarget:<共有フォルダパス> -systemState -quiet > <ログファイルフルパス>



◇ ベアメタル回復
OSインストールメディア等でコンピューターをブートする。

「コンピューターの修復」メニューへ進んで、メニューから「コマンドプロンプト」を起動

- ネットワークサービススタート

startnet

「wpeinit」も自動的に起動する。

- インターフェース一覧表示

netsh interface ip show interfaces


- IPアドレス設定

netsh interface ipv4 set address "<一覧で表示させた名前>" static 192.168.1.100 255.255.255.0


pingでバックアップイメージ保存サーバーのIPアドレスと通信可能か調べてから
「exit」でコマンドプロンプトを抜け、「システム イメージの回復」ウィザードへ進んで共有フォルダへアクセスする。

PowerShell 全てのプロパティを表示したい

検索してもかゆいところに手が届かず。

Get-ClusterResource -Name Sontaku-F | select -Property *

もしくは

Get-ClusterResource -Name Sontaku-F | Format-List -Property *

フェールオーバークラスターのフェールオーバーをPowerShellで

検索に手間取ったのでメモ。
「役割」を右クリックして「移動」→「ノードの選択」をPowerShellコマンドレットでやりたい。

GUIでいうところの
f:id:saborin-2002:20171127135815p:plain
PowerShellでやりたい、ということ。

Move-ClusterGroup -Name <役割名> -Node <ノード名>

役割名(Groupの名前)、ノード名は事前に「Get-ClusterGroup」コマンドで調べておく。

日本語コンソールの「役割」は「ClusterGroup」に含まれるという解釈でいいのだろうか。
「リソース」と思い込んで、「Get-ClusterResource」を中心に調べていたためたどり着くまでに時間がかかった。

SQL Server ミラーリングはどの程度非推奨なのか?(しょうもない話)

SQL Server ミラーリングはどの程度非推奨なのか?(しょうもない話)

以前こんな記事を書きました。


あれから3年、ようやく今のチーム内にも「AlwasysOn」が第一選択肢の風潮が根付いてきた中、
最近また「SQL Server 2016 でミラーリング」とかいう話がよそのチームから聞こえてきました。

「え、とっくにミラーリングは機能削除になっているんじゃないの」と思って調べてみると・・・

Microsoft謹製 「SQL Server 2014 データベース エンジンの非推奨機能」ページ(https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms143729(v=sql.120).aspx)には

SQL Server の今後のバージョンでサポートされない機能
以下の SQL Server データベース エンジン 機能は SQL Server の次のバージョンではサポートされますが、 その後のバージョンでは削除されます。SQL Server のどのバージョンであるかは決定していません。

の中に、


f:id:saborin-2002:20171107150135p:plain

とある。ふむ。

SQL Server 2016 データベース エンジンの非推奨機能」ページ(https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/deprecated-database-engine-features-in-sql-server-2016)では

f:id:saborin-2002:20171107150215p:plain


f:id:saborin-2002:20171107150242p:plain

ん?

SQL Server 2017 データベース エンジンの非推奨機能」(https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/deprecated-database-engine-features-in-sql-server-2017)では

f:id:saborin-2002:20171107150411p:plain


f:id:saborin-2002:20171107150430p:plain

・・・

つまりこういうことですか?

ミラーリングは機能削除する・・・・・・!削除するが・・・・・・今回 まだその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になれば機能削除は10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!」

指す将順位戦途中経過 その2

前回記事 (残留争い - 雑記+備忘録)の時点では1勝4敗だったのですが、
その後まさかの3連勝を果たし、4勝4敗の五分に。

先日の表で見ると、自分 R425 に対し、

486 ●
539 ○
747 ●
1074 ●
475 ●
719 ○
762 ○
688 ○
589
867
697

おお、健闘健闘。
残留争いもだいぶいい位置まで上がってこられました。

一方で通常のR戦がなかなか連勝できず、
レーティングが上がっていかないです。相変わらず300台。
雑にしているわけでもないのですが・・・。

Windows版Squidを立ち上げる

仕事で時々プロキシサーバーの検証環境が必要になるのでメモ。

SquidフォルダをCドライブ直下に配置(Squidフォルダ自体は以前入手したものを使用)
 ↓
C:\squid\etc\squid.conf を編集
 ↓
acl to_localhost dst 127.0.0.0/8 0.0.0.0/32 の下あたりに
「acl <任意の名前> src 192.168.100.0/24」(右のIPアドレスは接続を許可するIP帯)
を記載
 ↓
http_access allow が集まっている行に
「http_access allow <上でつけた名前> 」
を記載
 ↓
http_port <ポート番号>を記載
 ↓
保存
 ↓
コマンドプロンプトから「C:\squid\sbin\squid.exe」を実行
(オプションなしで実行するだけでexeが常時動作している状態になる。
 Windowsのサービスとして登録したい場合は下記のヘルプを参照)


squid.exeのヘルプ

Usage: squid [-hirvzCDFIRYX] [-d level] [-s | -l facility] [-f config-file] [port] [-k signal] [-n name] [-O command-line]
       -d level  Write debugging to stderr also.
       -f file   Use given config-file instead of
                 c:/squid/etc/squid.conf
       -h        Print help message.
       -i        Installs as a Windows Service (see -n option).
       -k reconfigure|rotate|shutdown|interrupt|kill|debug|check|parse
                 Parse configuration file, then send signal to
                 running copy (except -k parse) and exit.
       -n name   Specify Windows Service name to use for service operations
                 default is: Squid.
       -r        Removes a Windows Service (see -n option).
       -s | -l facility
                 Enable logging to syslog.
       -u port   Specify ICP port number (default: 3130), disable with 0.
       -v        Print version.
       -z        Create swap directories
       -C        Do not catch fatal signals.
       -D        Disable initial DNS tests.
       -F        Don't serve any requests until store is rebuilt.
       -I        Override HTTP port with the bound socket passed in on stdin.
       -N        No daemon mode.
       -O options
                 Set Windows Service Command line options in Registry.
       -R        Do not set REUSEADDR on port.
       -S        Double-check swap during rebuild.
       -X        Force full debugging.
       -Y        Only return UDP_HIT or UDP_MISS_NOFETCH during fast reload.

市川市民将棋大会2017に・・・今回は不参加

将棋ネタを書くきっかけとなったこの大会、
今年は残念ながら所用で不参加ですが、情報を載せておきます。

市川市 市民将棋大会
開催日:11月12日(日)
申し込み締切:10月31日(火)必着
申し込み方法:はがき、FAX、メール(New!) のいずれか

詳しい要項、申し込み方法は市の駅や公共施設に置いている「広報いちかわ 10月7日号」の3ページ下段に記載されています。

昨年、申し込み要項のハガキについて「往復はがき」と明記されていましたが、
今年は「はがき」とだけ書いてあります。参加証代わりのはがき代は出させない、という心遣いでしょうか。
そして何とメールでも申し込めるように、QRコードが掲載されています。
「メール」というIT技術が導入されたのは、大会の雰囲気を考えると、大きな進歩と言っても過言ではありません。

場所はいよいよ全日警ホール(旧文化会館)での初開催です。
トイレも整備されているでしょうし、ありがたい。
藤井四段の話題の影響で参加者大幅増となることを見込んで大きな会場にしたのかもしれません。

過去の紹介記事を全て載せるのも煩雑になるので、注意点を書いておいた記事だけリンクを貼っておきます。

今回も大会が盛況となり、スムーズに和気あいあいと進みますことを願っております。