雑記+備忘録

OS中心の技術情報と趣味について(最近は主に将棋)。備忘録なのでここに書かれたことを試すのは自己責任でお願いします。

市川市将棋大会に見る、大会運営の急所

指す将順位戦でも話題になりましたが、
将棋大会の運営はやりがいがある一方で、一部の人に負荷がかかりがちですし、
引継ぎにも悩みます。


誰もが知っている「マグロ」に比べるとインパクトがないごくごく普通の大会ですが、
千葉県市川市にも市民大会があります。
その市川市将棋大会のちょっとつっこんだ話を紹介していただいております。
読んで感想などいただければありがたいです。
ツイッターでは既に紹介して、たくさんの反響をいただきました。ありがとうございます。)


私自身も他の件で経験があるのですが、引継ぎの話題になるのは大体こういった図式です。


 創始者、あるいは創設時運営メンバー(以下創設時運営と記載します)はアイデアもあり、
 情熱もあるので時間もかけてぐんぐん進めていく
  ↓
 軌道に乗り、参加者が増えていく(簡単にはやめられなくなる)
  ↓
 参加者が増えることによる創設時運営の負担増、
 あるいは運営メンバーの諸事情(仕事、家庭、健康など)から継続が難しくなる
  ↓
 誰かに運営を引き継ぎたい


そして以下の点で頭をひねることになります。
・創設時運営と同等の情熱、労力、時間をかけてくれる人がいるのか
・運営に慣れていない人に引き継ぐことで質が低下しないか
・創設時運営のパーソナリティや技術に依存した部分を引き継げるのか
・創設時運営の作り出す雰囲気が好きで参加した、という参加者が離れていかないか
・創設時運営だから従った、という参加者がルール無視のふるまいで大会を壊さないか


指す将順位戦では、創設時の主催者が「きつい、引き継ぎたい」ということをオープンにされ、
それに応じて何人もの方が手を挙げ、
その中で主催者も「この人なら」という方がみつかり、現在引継ぎを行ったところです。
上記ポイントのいくつかで問題が発生しないかは実際に1期こなしてみないと分からない面はありますが、
まずまず理想的な方向へ進んでいると思います。
私も大会の恩恵をこうむっている者としてできる限りの協力をして、
引継ぎがうまくいった、と言えるような結果を目指したいと思います。


仕事上の引継ぎとは異なり、趣味の大会運営やサークル運営については、
どうしても運営メンバーがかけられる時間、労力、情熱について、
上でも挙げた諸事情により波が出てきます。
「一番盛り上がっている人が、一番盛り上がっている期間だけ」
運営を担当して、それが下降線になったちょうどその時に盛り上がっている人へと
バトンタッチをしていけたら理想的です。
なかなかそううまくはいきませんが・・・。


冒頭に紹介した記事の内容とは必ずしも一致しませんが、
現時点で言えることとして、以下はポイントになりそうです。
・各世代の生活モデルが変化しているので、
 これまでの「順繰り」引継ぎや一部の人に権限とそれに伴う負担を集中させる運営は
 若い人の参入も鈍り、どこかで限界を迎える
・難しい点も多いが、スタッフを雇って組織化するなど、
 お金がからむ話に持っていくのが「長期的な継続」という観点ではよさそう
・運営側はきつくなってきたときにはその事実を大会参加者にオープンにし、
 何らかアイデアなり代わりにやってくれる人を求めたほうがよい
 (いろいろ宗教の勧誘や詐欺まがいの商法に大会を利用する人が現れる可能性を考えると、
  オープンの範囲や方法は考えどころでしょうが・・・)
・手を挙げてくれた人がいた場合は、その人が多少やり方を変えたとしても、
 引継ぎ元の人たちはおおらかに見守る精神が必要

2018年初投稿

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

これも遅くなりましたが、昨年の目標振り返りをします。
年頭に掲げた目標「年間エントリー数を過去最高にする」は達成できました。
ほぼ半分の18が仕事関連の備忘録なので単純にネタ探しという意味ではずるい面もありますが、
まあよしとしましょう。

 

今年の目標はさらにブログの充実、と言いたいところですが、
指す将順位戦のおかげ、あるいは副作用でTwitterのほうにもいろいろ投稿するようになったので、
ブログは基本姿勢に立ち戻って、「検索でひっかかると助かることがら」を中心にぼちぼちいこうかな、と。
あとは後々まで残しておきたいものを投稿していきます。

第2期指す将順位戦結果

ぺんぎんさんのエントリを見て「楽しそう」と参加した指す将順位戦

penguins.hatenadiary.jp

 

結果はB級2組で5勝6敗、昇格にも降格にもからまない中位。
先日の時点(残留争い - 雑記+備忘録)でB2参加者中でR点最低の実力で、よく残留できたと思います。
そして目標の「完走」(不戦敗を繰り返さない)も達成できました。
何より楽しかったです。将棋やツイッターでのやり取りを楽しんでいる人たちとの出会い。
局後チャットで感想戦を行うのも新鮮で、
最初のうちはコメントの打ち込みに時間がかかってもどかしかった。

 

大会の主催者、運営の皆さん、対局者の皆さん、
そしてこの大会を教えてくれたぺんぎんさんに感謝です。

 

次の期も日程や形式にはよりますが、
できる限り参加したいと思っています。

 

一方で、大会に関してはこんな記事も見かけました。
無論、誰もが合うわけではないし、参加者も多くなっており、単純に「みんな楽しかったね」では済まない面は出てきます。

https://ameblo.jp/kikka-lovely/entry-12329545140.html

 

自分の場合は少なくとも対局者できつい言葉を浴びせてくる人はいなく
(負けた悔しさが伝わってくる言葉はありましたが、それはご愛嬌)
いい人ばかりでした。またいろいろ教われて勉強になりました。
対局相手や大会を通して実際に接する人とのめぐり合わせみたいなものもありますね。

 

弱点も見えてきたので、次期までに勉強して改善したいです。

Windows Server バックアップにおけるベアメタル回復目的のバックアップ

まとめメモ。

◇ バックアップ

Windows Server バックアップの機能を追加する。

コマンドプロンプトを「管理者として実行」する。

- OSのベアメタル回復用バックアップ(共有フォルダに取得)

wbadmin start backup -backupTarget:<共有フォルダパス> -allCritical -quiet > <ログファイルフルパス>

 バックアップイメージフォルダ名:WindowsImageBackup

- ADのデータバックアップ(SystemStateバックアップ、共有フォルダに取得)

wbadmin start backup -backupTarget:<共有フォルダパス> -systemState -quiet > <ログファイルフルパス>



◇ ベアメタル回復
OSインストールメディア等でコンピューターをブートする。

「コンピューターの修復」メニューへ進んで、メニューから「コマンドプロンプト」を起動

- ネットワークサービススタート

startnet

「wpeinit」も自動的に起動する。

- インターフェース一覧表示

netsh interface ip show interfaces


- IPアドレス設定

netsh interface ipv4 set address "<一覧で表示させた名前>" static 192.168.1.100 255.255.255.0


pingでバックアップイメージ保存サーバーのIPアドレスと通信可能か調べてから
「exit」でコマンドプロンプトを抜け、「システム イメージの回復」ウィザードへ進んで共有フォルダへアクセスする。

PowerShell 全てのプロパティを表示したい

検索してもかゆいところに手が届かず。

Get-ClusterResource -Name Sontaku-F | select -Property *

もしくは

Get-ClusterResource -Name Sontaku-F | Format-List -Property *

フェールオーバークラスターのフェールオーバーをPowerShellで

検索に手間取ったのでメモ。
「役割」を右クリックして「移動」→「ノードの選択」をPowerShellコマンドレットでやりたい。

GUIでいうところの
f:id:saborin-2002:20171127135815p:plain
PowerShellでやりたい、ということ。

Move-ClusterGroup -Name <役割名> -Node <ノード名>

役割名(Groupの名前)、ノード名は事前に「Get-ClusterGroup」コマンドで調べておく。

日本語コンソールの「役割」は「ClusterGroup」に含まれるという解釈でいいのだろうか。
「リソース」と思い込んで、「Get-ClusterResource」を中心に調べていたためたどり着くまでに時間がかかった。

SQL Server ミラーリングはどの程度非推奨なのか?(しょうもない話)

SQL Server ミラーリングはどの程度非推奨なのか?(しょうもない話)

以前こんな記事を書きました。


あれから3年、ようやく今のチーム内にも「AlwasysOn」が第一選択肢の風潮が根付いてきた中、
最近また「SQL Server 2016 でミラーリング」とかいう話がよそのチームから聞こえてきました。

「え、とっくにミラーリングは機能削除になっているんじゃないの」と思って調べてみると・・・

Microsoft謹製 「SQL Server 2014 データベース エンジンの非推奨機能」ページ(https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms143729(v=sql.120).aspx)には

SQL Server の今後のバージョンでサポートされない機能
以下の SQL Server データベース エンジン 機能は SQL Server の次のバージョンではサポートされますが、 その後のバージョンでは削除されます。SQL Server のどのバージョンであるかは決定していません。

の中に、


f:id:saborin-2002:20171107150135p:plain

とある。ふむ。

SQL Server 2016 データベース エンジンの非推奨機能」ページ(https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/deprecated-database-engine-features-in-sql-server-2016)では

f:id:saborin-2002:20171107150215p:plain


f:id:saborin-2002:20171107150242p:plain

ん?

SQL Server 2017 データベース エンジンの非推奨機能」(https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/deprecated-database-engine-features-in-sql-server-2017)では

f:id:saborin-2002:20171107150411p:plain


f:id:saborin-2002:20171107150430p:plain

・・・

つまりこういうことですか?

ミラーリングは機能削除する・・・・・・!削除するが・・・・・・今回 まだその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になれば機能削除は10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!」