読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記+備忘録

OS中心の技術情報と趣味について(最近は主に将棋)。備忘録なのでここに書かれたことを試すのは自己責任でお願いします。

Windows Serverの各種パラメーターを調べるPowerShellコマンドレット

◇ 役割と機能

Get-WindowsFeature | Out-File "C:\work\Yakuwari.txt" -Encoding Default
Get-WindowsFeature | Export-Csv "C:\work\Yakuwari.csv" -Encoding Default

「Out-File」で出力するのと「Export-Csv」で出力するので出力される項目が違うので注意。 追加されている/いないを見たいだけなら「Out-File」の形式が見やすくてよいです。

以降は原則どちらかのみ記載していきます。

◇ 更新プログラム一覧

Get-Hotfix | Select-Object HotFixID | Out-File "C:\work\Hotfix.txt" -Encoding Default

環境変数一覧

Get-ChildItem env: | Select-Object Name,Value | Export-Csv "C:\work\Env.csv" -Encoding Default

「Out-File」で出力すると、Value欄が切れてしまうのが残念。(項目の桁数を増やす方法を知らんので) 「Export-Csv」で出力するとすべて出力されます。

◇ インストールされたプログラム一覧

Get-WmiObject -Class Win32_Product | Select Name,Version,Vendor | Out-File "C:\work\Program.txt" -Encoding Default

GUIの「プログラムと機能」に近い形式で出力されます。