読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記+備忘録

OS中心の技術情報と趣味について(最近は主に将棋)。備忘録なのでここに書かれたことを試すのは自己責任でお願いします。

Fedora Core 3でgccを後から入れる

備忘録(Linux)

4枚組CDの3枚目をセット
 ↓
cd /media/cdrom/Fedora/RPMS/
 ↓
rpm -i glibc-kernheaders-2.4-9.1.87.i386.rpm
 ↓
rpm -i glibc-headers-2.3.3-74.i386.rpm
 ↓
rpm -i glibc-devel-2.3.3-74.i386.rpm
 ↓
rpm -i gcc-3.4.2-6.fc3.i386.rpm
(↑画面のスクリーンショット見ながらタイプしているのでスペル間違っていたらすみません。)
 
ドライバなどをインストールしようとして「gccがない」と言われ、いきなりgcc〜.rpmをインストールしようとすると、
以下のメッセージが出る。

error: Failed dependencies:
       glibc-devel is needed by gcc-3.4.2-6.fc3.i386
       glibc-devel >= 2.2.90-12 is needed by gcc-3.4.2-6.fc3.i386

glibc-develのバージョン2.2.90-12以上が必要だよ、という意味だろう。
で、glibc-develを入れようとして次のneeded、とたどっていくと、上の順番が導き出せる。
 
glibc-headersのところで、メッセージが
kernel-headers is needed・・・となるので、「kernel-headers」で始まるrpmを探して時間をかけたが、
検索したら「kernel-headers is needed」は「glibc-kernheaders〜」をインストールすればよい、というようなことが書いてあったのでインストールしてみたらうまくいった。